今だからこそ中古バイク

by:

トラック中古自動車関連

最近バイクに興味を持った人はあまり知らないかもしれませんが、今まで何度もブームがありました。そのバイクブームの頃と今とで違っている事があるのです。それは様々な規制の存在です。普通に考えれば時代が経つにつれ技術が進歩しますので、新しい機械ほど高性能だったり、安全だったり、安くなっていたりするもので、何か特別な理由がない限り旧型製品を選ぶ理由はないのですが、特別な理由があるのです。

それはまず環境基準の強化です。日本では普通乗用車の排気ガス規制はすばやく行われ世界的に見ても厳しい水準に早い時点でなりましたが、バイクは比較的台数が少ないことや小排気量で影響が小さい事などから、規制が長く先送りされ、比較的最近までほとんど規制らしい規制がないままでした。この為に最近になって急に厳しい規制になったので、規制前と今のバイクですっかり違ってしまいました。特に小排気量車ではそうです。

まるで違っています。とても多くが生産を終了してしまいました。そういうかつての名車が手に入るのが中古なのです。つまり中古車は往年の名車を手に入れる手段としてとても魅力的ないのです。

単に値段の安いものが買えるだけではないのです。特に400cc以下の排気量では規制強化に影響が大きく、本当に違います。最初のバイクだけでなく、二台目三台目の色々なことが判ってからの選択としてもとても魅力的な名車がたくさんあるのが中古車といえるでしょう。中古のトラックのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です