格安の中古車個人売買に問題はないのか

by:

トレーラー中古自動車関連

今は個人売買で中古車を買うと言う方法もかなり一般的になってきている感じがします。それにはまず個人売買の上布をどうやって集めるかですが、それも一般的なネットオークションもあり比較的入手しやすくなっています。中古品ですから業者のコストを抑えることの出来る個人売買は圧倒的に安く購入できる魅力がありますが、何か問題はないのでしょうか。それはやはり問題がないとはいえないという状況だと思います。

まず中古業者などのプロの目が間に入っていないと言うことです。中古車は中古品ですから新品とは違い何らかの消耗が起こっているはずですが、その多くは外からはわからないものであうので、売る人に悪意がなくても問題のある状態の車を知らずに売ってしまう可能性があるわけです。外からは見えにくい故障や、何の異常もないけどそろそろ交換が必須な部品補修されていてわからないけど、ダメージの残っている事故の後などです。こういう箇所は業者を通しても残っていたりしますが直接取引する個人売買ではわからないことが多いでしょう。

更に名義変更の問題です。自動車の名義変更は厳密なもので一枚の書類が足りなくても出来なくて自動車の価値がなくなってしまいます。そういう問題を見落としているかもしれないのが個人売買の中古車です。この様にハイリスクなのが個人売買の大きな問題点で、それを避けるのは結局プロ並みの知識と経験があるしかありません。

確かに安く買えるかもしれませんが、誰にでもおすすめと言うわけには行かないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です