中古車が意外に少ない

by:

トラック中古自動車関連

中古車には標準価格はありません。値段は常に変動しています。これは結局中古車を作っているメーカーはないからです。新しい車に買い換えたとき、自動車をもう使わなくなったとき、あるいはそういうことに関係なく売却することでお金を得ようとしたとき、そういう時に自動車は売られはじめて中古車になります。

ですから値段は市場価格で、欲しいと言う人がいくらなら買えるかという金額から市場価格が決まるわけで、需要がなければとても安く、人気があれば新車以上の値段がつくこともあります。この様に製造コストとは関係なく値段が決まるのなら、とても安い車があってもよさそうですが、そういう車はないのです。それは今では日本国内に限らず世界中に流通しているからなのです。元々日本は新車の値段が比較的安い国です。

国内に多くのメーカーがあり、輸入車の制約も少なく安く買いやすい値段になっています。このために中古車も比較的安いのです。これは自動車に高額の関税をかけている国などから見れば非常に安いもので、新車以上に大人気となってどんどん輸出されてしまうのです。この為国際的に広く輸出されている車も中古車は国内では常に台数不足でとても高値になっています。

このような状況なので、国内では不人気な車でも中古が安いとは限らないのです。最近の中古の高値は国際的な人気によりどんどん輸出されているためで常に台数不足が続いています。特にトラックやバンなどの貨物車はそうです。中古トラックの販売のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です